ブログBlog

ブログ

足指のトレーニング

日々

2020/12/07

ますます寒さが気になる時期になりましたね。

そしてコロナ感染もますます拡大し、気軽に外出もしにくくなっています。

こんな時は特に、運動不足になりすぎてしまい、足の指の筋肉も落ちやすくなってしまいます。

特に、高齢になってくると足に力が入りにくかったり、よくふらついたり、

踏ん張りがきかなくなり転倒しやすかったりとなっていませんか?


自宅でも簡単にできることは、たくさんあります。たとえば、青竹ふみ。


今の時代は、本物の青竹などありませんが、100均などで代用のものも多々あります。

青竹ふみは、いわるゆる土踏まずなどの、足の裏にあるアーチを再建し、足の指を使いやすくしてくれます。

アーチが出来れば、その次はタオルギャザーなどをして、指とともに足裏の筋肉も鍛えましょう。

そうすることで、踏ん張りがしやすくなり、転倒の予防にもなります。


ただ、タオルギャザーは指先でチョンチョンと何気にタオルを寄せてくるのではなく、

『足の指をジャンケンのパーのごとくしっかりと開き、そのままタオルの上に指で捕まえるように置き、

爪が白くなるくらいに圧迫をし、土踏まずが高くアーチを描くようにタオルを引き寄せる。』

と、意識しながらやるほうが効果的です。

この運動を、タオルを縦におき端から端までを、左右とも2~3回繰り返し行いましょう。


簡単な運動ですが、実に効率が良い運動だと思いますので お試しください。

戻る